スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豚肉を美味しくいただくには

豚肉を美味しく食べるには

豚肉を食べる最中に、

「豚のどの部位?」と気にしながら食べることはあまりないと思いますが。

でも、豚肉を調理して、美味しく食べるのであれば、

ズバリ、豚肉の部位の特徴を大まかに頭の中に入れておくべきかなと思います。

なぜか?理由は、豚肉の部位ごとに適した調理方法があるからです。

というわけで、軽めに豚肉の部位の名称や特徴、それに合う料理などをご紹介します。

ほんと軽めにですよ。


【肩】

肩はよく動くので、肉質も筋肉質で脂肪は少なめです。

ですから少し硬めです。でも、旨みのある肉です。

シチュー、豚汁、煮込み料理がよろしいかと思います。


【肩ロース】

赤身の中に脂肪が混じっています。

濃厚な味に加えてコクmのあるので、

カレー、焼き肉、生姜焼きなどがよろしいかと思います。

ただし、調理する前にスジ切りするのをお忘れないように。


【ロース】

肉質が柔らかくきめ細やかで、豚肉の中で一番美味しい部位です。

豚カツがよろしいかと思います。


【ヒレ】

ロースとともに豚肉の中で一番美味しい部位です。

ビタミンB1がも多く含まれていて美肌効果にも・・・。

それと、脂肪分が少ないのですが柔らかいということで、

豚カツがよろしいかと思います。


【バラ】

三枚肉ともいわれ、脂身が濃厚の部位です。

この部分を使ってベーコンは作られます。

肉じゃががよろしいかと思います。

これが骨付きであればスペアリブとなります。


【モモ】

キメ細かく脂身が少ないので、さっぱり感が味わえます。

ヒレの次にビタミンB1を多く含んでいるので美肌効果にも・・・。

ローストポーク、ボンレスハムがよろしいかと思います。


【外モモ】

柔らかくて脂肪が少ない部位です。

豚汁、シチューがよろしいかと思います。


【豚足(トンソク)】

豚の足です。

煮込み料理がよろしいかと思います。

コラーゲンたっぷりというのは周知の通りです。


問い合わせ:0120-010425(お気軽にどうぞ)

または、業務用居酒屋食材通販専門店「南豊」公式ホームページどうぞ!  

logo.jpg 

豚肉希少部位食材通販専門店「南豊」の豚肉料理レシピのトップページへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

QRコード
QR
人気情報満載!!
人気ブログランキングに参加中です。
人気ブログランキングへ
メールでのお問合わせ
★☆   お気軽にどうぞ   ☆★
      こちらをクリック
リンク
最新記事
完熟マンゴー(宮崎産)
マンゴー5
プロフィール

nanpounuki

Author:nanpounuki
居酒屋食材の通販専門店
「(株)南豊」です。北は北海道から南は沖縄まで美味しい口福を全国に宮崎からお届けします!
1人~2人前使い切りサイズの新鮮な食材を急速冷凍真空パックでお届けします。解凍して、切る・焼く・茹でる、あとは盛るだけのクイック提供型です。
TEL:0120-010425
お気軽にお電話どうぞ!
㈱南豊
〒880-0123
宮崎市大字芳士中原587-1

最新コメント
御訪問に感謝です!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。